災害時の準備

先日の大雨の時に、私の地域にしては随分降ったようで、犬の散歩に出かけた際に田んぼに張られた水が溢れているのを見かけました。同じ場所に30年以上住んでいて、今まで浸水した所を見た事が無かったので、とても驚きました。その場所からもう少し歩いて行くと、さらにすごく被害がある所を見ました。町内にひとつだけある内科医院の横に、大きな水路があります。そこでも水が溢れていました。周りの道路が浸水する程では無かったですが、雨が上がった状態でひたひただとしたら、降っている最中ではきっと氾濫していたのだろうと想像できました。

同じ市内では、一昨年に大きな川が氾濫して、周辺の施設が水浸しになったのをニュースで見ました。私の町内も、特に土地が高いわけではなく、大きな川も近くにあるので、堤防を過信せずに自宅を守る方法を考えなければならないと思っていました。しかし、そのような事は数ヶ月経つともう忘れていて、人ごとになってしまいます。今回の町内の水の状態を見た時に、その事を思い出し、災害セットを見直しました。

地盤は決して強い場所ではないので、地震対策には様々なグッズを揃えていますが、水害の際にはどのような物が必要になるのでしょうか。土地柄、昭和34年に全国を襲った伊勢湾台風のアニメ映画を、小さな頃から学校等で見てきました。今後そのような事が起こらないとも限りません。今は想像できなくても、いつ起こってもできるだけ落ち着いていられるように、災害用のバッグの中身を、整理し直して女性でも設置できるコンパクトな土嚢等も検討しようと思っています。

備えあれば憂い無しですね。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ