健康診断が嫌です…

健康診断、私は絶対に肥満で中性脂肪が多いと診断されるのがわかっています。
自覚はあります、だからあえて検査をしなくても、
自分で何とかしなければならないなら動いているはずです。
しかしそれが出来ていない…行動の出来ない人間です。
けど自分の事は自分がよく知っている、そうゆうのをよく聞きますが、
私はその通りだと思っています。
医者が間違った診断で間違った薬を処方するかもしれない、そうゆう可能性があるなら、
ある程度自分で出来る事なら自分で治療すべきだと思うのです。

正直なところ、手術って私は体質を変えてしまう第一歩、
自分の知らない自分に改造させられてしまった気持ちになると思います。
だって自分ではない誰かが自分の体をいじって管理している…それが恐くないわけがありません。

痛みとか副作用とか、体質によって聞いていなかった危険な症状が現れるかもしれません。
手術じゃなくても、輸血でも同じ事を考えます。
完全に自分の血とは違う血が体の中を支配するっていうのに、
何一つ今まで同じというはずはないと思ってしまいます。
献血頑張るからその代わり、自分の血は自分に輸血してもらいたいと強く願います。

私の考え方はまるで手術なんて技術が無かった時代の人間みたいなのかもしれません。
勿論治る治療もあるのは理解出来ますし、早めに対処すれば手術までいかずとも、
薬の服用だけで済む治療で対処出来るのも知っています。
だから検診はしていかないといけませんが、
もし重い病気にかかっていたら、その時はどうするだろう…痛みに耐えきれなくなった時に、
やっと病院へ赴くかもしれませんし、主人に相談して連れて行かされるかもしれませんし、
でも、主人と死別するのはまだ早いなってそれだけは今感じるので、
それが弾みになって動けるのかなって思っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ